38年の信頼と実績-大田区の都立学校合格実績No.1
お問い合わせは
日・祝を除く 14:30〜22:00

(久が原校)夏期講習のお知らせ

初夏の候、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。さて、今年も7月末から8月にかけて夏期講習を行います。夏期はまとまった勉強時間が確保でき、生徒たちが一段と飛躍できる機会が持てる大切な期間です。部活、旅行など重なる時期ではございますが、なるべく多くの学習時間を確保していただきたく思います。また思い出に残る夏休みにしていただければと願います。

 

尚、7月は夏期講習期間に入りますと、通常授業は行いません。夏期料金は7月に削減される授業数を見込んで設定しておりますので、何卒ご理解・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。(支払いに関して、7月分は通常通りのご請求、8月分は通常の請求は一切せずに夏期講習を申し込んだ分だけご請求となります。)

 


夏期キャンペーン

2017年度夏期講習キャンペーン

※上記、添付ファイルにてキャンペーン内容をご参照ください

 


夏期スケジュール

2017年度(久が原) 夏期講習時間割

※上記、添付ファイルにて、スケジュールをご参照下さい

 


夏期パンフレット

2017年度(久が原)夏期講習申込書

※上記、添付ファイルにて、コース・料金等をご参照下さい。

 


中学生年生の方へ

 

 

 

 

 

 

 

★都立第一志望の方

都立受験に向けて、英数国理社の5教科受講をお願いしております。英数クラスを受講中の方は、「英数クラス」と「都立5科コース」を選択願います。個別指導を受講されている方は「英数40個別」と「都立5科コース」を選択願います。英数個別受講者はこちらで時間割の調整をさせていただけると助かります。ご希望がなければ申込書裏面は白紙でご提出願います。

 

☆私立第一志望の方

英数国の3教科受講をお願いしております。英数クラスを受講中の方は、「英数クラス」と「私立3科コース」を選択願います。個別指導を受講されている方は「英数40個別」と「私立3科コース」を選択願います。英数個別受講者はこちらで時間割の調整をさせていただけると助かります。ご希望がなければ申込書裏面は白紙でご提出願います。

 

中3講座には「中3毎日特訓」、「中3集中特訓」がおまけでついてきます。「毎日特訓」は2期~5期のD(14:00~15:20)の時間帯で1600分(80分×20回)行います。ここでは主に英単語テストや数学の1・2年の復習などを行う予定です。この夏で基礎の定着を図ります。また、夏期最初の「集中特訓」では、12時間の集中授業を行い、ラストにある「集中特訓」では9月から始まる外部模試に向けての練習を行う予定です。なお「毎日特訓」「集中特訓」の振替はできませんので予めご了承ください。

 

「夏期400時間カリキュラム」  中3受験生のみ

田進ゼミ夏期講習において、中3受験生は今年も夏休みの約40日で400時間の勉強を目指す「夏期400時間カリキュラム」を実施します。400時間勉強達成表を夏期講習開始前に生徒に配布するので、ご確認下さい。

400時間の勉強は、塾の授業や宿題に加え、学校の宿題でも何でも時間数にカウントして良いのですが、近年、400時間勉強を達成できる生徒が非常に少なくなってきています。300時間勉強すれば良い方で、200時間前後の勉強量の生徒も少なくありません。

大手教育調査機関の全国調査によると、入試前の中3生(中堅レベル)の学校外勉強時間は1日平均4時間です。夏休み以降に成績を上げていくには、それ以上の勉強が必要となります。これは過酷です。

夏は成績を上げる最後の大チャンスなのです。

したがって、今年も久が原校では、授業以外に、『中3毎日特訓』を設け、とにかく塾で勉強時間を確保してもらうことを念頭において夏期講習を計画しました。また、授業や特訓以外でも中3受験生には優先的に自習室を開放しております。もちろん、自宅でしっかりと学習できる生徒は参加する必要はありませんが、自宅学習が難しい生徒は積極的に活用して下さい。

 


中学生1・2年生の方へ

 

 

 

 

 

中学1・2年生は、1学期までの内容の定着と2学期以降に必要な予習を進めていく予定です。そのため英数2教科で15回を目安に選択をお願い致します。また、中学1年生、2年生は3、4、5期の受講をできる限りお願いしています。1~2期は学校の宿題と塾からでる夏期準備用宿題をすすめて下さい。

まだ勉強の習慣がついていなく、夏期も積極的に勉強することができない生徒は、毎年2学期に大きな遅れを取ってしまっています。年間を通して夏期ほどまとまった時間が取れる期間はありませんので、学習習慣をつけるためにもご家庭で相談の上、なるべく多くの学習時間の確保をお願い申し上げます。家での学習が困難な方は塾に勉強しに来てください。

 


小学生の方へ

 

 

 

 

 

 

 

これまでの復習を中心に2学期以降の予習を進めていく予定です。グループ指導を受講中の方は、今まで勉強した内容を忘れないためにも、各科目でグループ指導5回を目安に講座を選択願います。個別を受講中の方も、グループ指導と同様に、各科目で個別指導5回を目安に講座を選択願います。

また、夏期講習中の小学生は第2~5期のB(10:30-11:50) の時間帯となります。申込書裏面のBの時間帯の中からお選びいただき、希望のコマに○をつけて下さい。

約40日という長い夏休みは生活習慣の乱れを引き起こします。「毎日7時に起きて、午前中は勉強。午後は外で遊び、9時には寝る。」など規則正しい生活を送ることを心がけてください。

 


高校生の方へ

 

 

 

 

 

 

 

担当講師によって、1学期期末試験終了後、生徒一人ひとりへ夏期講習の活用方法をご提案いたします。夏は何もしないと周りと差がつくピンチであり、やればやるだけ周りと差をつけるチャンスとなります。少なくとも各教科で個別指導5回を目安に講座選択願います。

苦手な科目を克服することが夏の代名詞になりがちですが、高校生は文理選択があるため今後の進路を決めるうえで、「得意科目」を作ることが非常に大切です。この夏に、自信を持てる1教科を作りましょう。